【天竜杉の家 オープンハウス】

 

甲賀市で自宅兼事務所を新築された工務店さんのオープンハウスのイベントにサポートスタッフとして参加してきました。

ガチャコン工房の秘密兵器「こたり」は今回も大活躍!炭火で焼く焼き鳥は皆さんに大人気で用意していた150本は完売でした。2日目には、なんと、焼き肉の差入れもあり、霜降りの肩ロース美味しくいただきました!

 

キッズコーナーでは、木の積み木で遊んでもらいました。こちらも相変わらずの大人気。思い思いの自由な発想で積み木に没頭している子どもたちで終日賑わってました。

 

射的コーナー。木で作ったゴム鉄砲でお菓子を狙います!

 

木材展示コーナーでしっかりと木材のPRもしています。全国各地の木材産地から厳選した材料を使った家造りをしていることを、来場者された方に説明もさせていただきました。

 

他にも、地元甲賀地域で活躍されている生産者やアーティストの方なども出店されていて、地元を大事に仕事をされている工務店さんならではの、アットホームで穏やかな雰囲気のイベントとなっていました。

 

今回、オープンハウス開催にあたり、チラシやイベント企画など、私達も僅かばかりですがサポートをさせていただきました。

また、設計前の段階から色々とお話する機会もいただき、構造躯体に使用した杉材については、棟梁たっての希望で産地である浜松の天竜まで材料選びに同行もさせていただきました。

来場者の方も2日で120組以上と予想をはるかに上回る驚きの結果に!新築祝いのご祝儀相場ということを差し引いても、若き大工棟梁の新たな船出にはこれ以上ないスタートになったと思います。

父親でもある先代社長が起こして40年、着実に地元での信頼を積み重ねて来たからこそではありますが、その想いを受け継ぐ若い感性が、甲賀の地で新しい風を吹かしてくれる、そんな予感を感じた2日間でした。

【丸松セミナー(材木屋の賢い使い方)開催しました。】

丸松木材では「材木屋の賢い使い方」と題したセミナーを3年前から定期的に行っています。

先日、2月13日に、第4回となるセミナーを弊社ショールームにて開催をしました。
あいにくの雪で足元の悪い中、10組の工務店関係者様にご参加いただきました。

弊社松田の挨拶の後、「完成見学会の企画と集客ノウハウ」をテーマに、古川ちいきの総合研究所の岩井有加氏に講演していただきました。

約1時間30分に渡り、イベントチラシの作り方、完成見学会における集客方法や様々な事例を紹介していただきました。

丸松木材では2月はセミナー強化月間として21日(土)第5回丸松セミナー、28日(土)はタカラスタンダード彦根ショールームにて合同展示会を予定しています。

これからも丸松木材は「工務店様とともに伸びる」をテーマに様々なセミナーを開催いたします。是非ご参加ください。

今回セミナーに参加してくださった皆様、誠にありがとうございました。

 

 

【職場体験】~箕作工務店~

以前に【長~い地棟の家】でも紹介させていただいた箕作工務店さん。

 http://marumatsu-mokuzai.co.jp/?p=980

毎年地元の中学生の職場体験を受け入れています。いつもは仕事場で大工さんの仕事についてや、木工工作などの体験をされていたのですが、今年は作業場を飛び出し、家ができるまでの過程を、木材の流通から見せてあげたいということで、一日案内をさせていただきました。

大工さんの仕事に興味があり、この職場体験を選んだという中学2年生の男の子と女の子の2名を、まずは木之本の山仕事の現場までお連れしました。

二人とも、初めて見る山仕事でもあり興味津津です。

チェーンソーでの伐倒作業。作業班の方々の丁寧な説明もあり、真剣な眼差して見学してます。

そして、本日のメインイベント!滋賀県に一台しかないプロセッサーという高性能林業機械による造材作業。女の子からアンコールのリクエストもあり、最先端の林業現場の様子も堪能していただけました。

実際に運転席に座り、操作方法の説明を受けています。

フォワーダーという機械での搬出風景です。

天気もよく、作業班の皆さんと現場でお弁当タイム!

山仕事は危険な仕事であること、山の手入れをすることで環境が守られることなど、ここでもリアルな現場を前に、是非知っておいてもらいたいことを皆さんそれぞれから話してもらいました。

その後、彦根まで移動して、製材所の仕事を見てもらいました。

山で伐られた丸太が柱や梁、板材になる様子をわかってもらえたと思います。

最後に、弊社丸松木材へご案内し、木材の製品の色々、木材流通店の仕事について簡単に説明をさせていただきました。

 

学校での行事ごとということもあり、危険も伴う現場に行くことについてはやはり心配もあったようです。箕作工務店の社長さんも安全面での配慮など、学校の先生と十分に話し合った上での実施となりました。

聞くところによると、中学校の職場体験、スーパーやコンビニエンスストア、工場、幼稚園の先生など色々とあるとのこと。多分このお二人その中でも一番の体験をしてくれたんじゃないかと思います。

 

 

【原木丸太から買い付け】~大央工務店様~

大央工務店さまから杉の丸太1車分(約20㎥)の依頼が有りました。お買い上げありがとうございます。

製材所に入荷したのを弊社松田が確認しています。

大央工務店様による最終確認です。

左、大央工務店様のお父様と製材所現場スタッフとの賃挽きの打ち合わせの様子です。お父様は建具職人なので丸太からの木取の事もよくご存じです。(因みに木取とは材木を製材するにあたり、目的とする材料を最も歩留まりが良く採る為に、採材の位置や採断手順を決める事です)


指示通りに製材が行われました。


作業場に運び、大央工務店様も入り皮むきを行います。

お父様が木取をした材料に息子さんが建物としての命を吹き込んでゆく、とても素晴らしい事だと思います。
そのお手伝いが出来た事を嬉しく思うと弊社阪東も言っておりました。

最後にサービスショット。今回の材料でボンドの塗が甘かったものに手直しで阪東がボンドを塗りなおしているの図です。

【クリナップ彦根ショールーム】~リフォームフェアー~

5月の24日(土)にクリナップ彦根のショールームにて丸松木材主催のリフォームフェアーが行われました。


ショールーム内では、最新のキッチン、お風呂等々の展示は勿論の事、専門の講師を迎えての料理教室、ガーデニング教室が行われていました。




午前の部、午後の部と2回実施されましたがどちらの回も満員御礼でした。ご参加いただいた皆様、ありがとうございます。

会場自体にも100名近いご来場がありました。お越しいただいた皆様本当にありがとうございます。

【浜松天竜見学ツアー その1】

弊社では、『材木屋の賢い使い方』と題して、工務店様向けのセミナーを開催しています。

過去2回の開催では、工務店様を弊社にお招きして、ショールームでのミニ講座や、倉庫内の見学などを行いました。(第一回、第二回の様子は下記よりご覧いただけます。)

http://marumatsu-mokuzai.co.jp/?p=605

http://marumatsu-mokuzai.co.jp/?p=1012

 

そして、第3回となる今回は、いつもとは趣向を変えまして、出張版として、浜松天竜の林業地域への見学ツアーを開催しました。

 

朝の6時に集合して、貸し切りバスにて出発です。

 

まずは、天竜の製材メーカさんの見学です。

 

天竜地域は、日本でも有数の歴史ある林業地域であり、土場には良質な丸太が多く積まれていました。また、この製材メーカーさんでは、使用用途に合わせて的確に丸太の選別をされており、工場内も無駄のない工程で管理されているなど、丁寧な仕事ぶりが印象的でした。

 

天竜杉の梁材です。強度表示もされています。また、天然乾燥にもこだわっていて、赤身の美しい天然乾燥の平角材も多くストックされています。

 

その後、山の方へ移動し、実際の林業現場での作業を見学しました。チェーンソーでの伐倒作業はやはり迫力があります。初めて見る方も多くその迫力に皆さん驚かれている様子でした。普段木には慣れ親しんでいる大工さんにとっても、山での仕事を知る良い機会になったようです。

 

昼からは、浜松の町へ移動して、優良工務店さんの現場見学を行ったのですが、その様子はパート2で!

 

【㈱セイキョーホーム様・井口建築様】~丸松木材㈱からの新提案~

新年あけましておめでとうございます。今年も一年どうぞよろしくお願いします。

今年も弊社では、色々な取り組みを行っていきたいと考えております。

その第一弾がこちらです。

これは㈱セイキョウホーム様のご好意で現場に設置させて頂きました。離れて見るとこの様な感じです。

同じものを井口建築様の現場に置かせて頂きました。

これは、弊社から出る木の端材を使ってもらう事で、世間の方々に木に興味を持ってもらいたいという思いで考えたものです。
別の場所で行った際には、おばあちゃんが植木鉢の棚に使うからと持って帰られるケースが結構有ったんです。

現場の近隣の皆様が注目する事で、工務店様の知名度が上がる効果も有るのではと考えております。
まだ設置させていただいて日が浅いので効果の程ははっきりしませんが、工務店様からは御好評頂いております。

看板の文面等は勿論ご要望に合わせて変えさせていただきます。ご興味を持たれた方は弊社までご連絡ください。

□■━━━━“ひこねのまちから ずっともっと”━━━━━

丸松木材株式会社 TEL 0749-22-5535

━━━━━“今日もいい木材 入ってます!”━━━━━■□

【施工主:㈱セイキョーホーム様・井口建築様】

【地味な仕事】~でも大事な仕事~

弊社の業務内容につきましては、ホームページを見て頂いたらおおよその事がお解りいただけると思います。
ただ、そこには書かれていない事も当然行っています。例えば当たり前の事ですが、会社内の清掃、在庫の整理等等・・・

そんな仕事の中に、「桟入れ」と言う仕事が有ります。
例えば・・

上の写真の様に束になっている材料を・・

少し判りくいかもしれませんが、束を解いて材料の間に細い桟が入っています。こうする事によって材料の間に空気の通り道が出来て材料の乾燥速度が速まります。

別の例ですと

1バンドルで入荷した材料ですが・・

こちらの方が判りやすいですね、桟も入り左右の隙間まで有ります。先ほども言いましたがこうする事で乾燥が進みます。それに加えて、桟が木を固定するので反ったりねじれたりと言った変形もしにくくなります。
材木は含水率、樹種によっても大きく違いますが、置いておくだけで変形したり、カビが発生したりします。長期保管する時、お客様からのご要望等場合によってはこの様に桟入れを行います。
見た目はとても地味な割りに正直、手間も時間もかかる仕事です。
でも、大事な仕事です。

【丸松セミナー開催しました】

丸松木材では、「工務店様を伸ばす材木屋」を目指して、
セミナー等の工務店サポート充実を図っています。

先日7月26日に、その第二弾として、新しくなった丸松木材の、
上手な使い方をご提案するセミナーを開催させて頂きました。

詳細はこちら→ココをクリック!

当日行った内容としましては、まず、倉庫内の在庫や、ショールームを見学していただき、
いろんな木の種類や活用法などをご覧いただきました。

今回は各場所に説明の担当者を配置して、詳しい説明が出来るようにと配慮させていただきました。

普段し慣れない事なので、中々上手く説明出来なかった事も有りましたが、一生懸命にさせて頂きました。

次に、弊社松田より、「材木屋の賢い使い方」 と題して、
丸松木材のサービスの 活用法をご提案させていただきました。

最後に、 ㈱古川ちいきの総合研究所 古川大輔氏より、
スペシャルセミナー「目指せ!地域で一番の工務店」を講演して頂きました。

今回もこれから独立して頑張っていこうとする若手の大工さんから、更なる高みを目指される中堅ビルダーのリーダー様と色々な方にお集まり頂きました。お忙しい中、本当にありがとうございました。

まだまだ、セミナーとして課題はありますが、次回は今回の事を糧にして更に充実したものにしていきます。

今後も、色んな形で、皆さんのお役に立てるようなセミナーやイベントを開催していきます。

次回にご期待ください!

□■━━━━“ひこねのまちから ずっともっと”━━━━━

丸松木材株式会社

━━━━━“今日もいい木材 入ってます!”━━━━━■□

【十一屋工務店様】~御自宅用の材料選び~

以前に紹介させて頂いた十一屋工務店様が前回のとは別にご自宅を建てられるそうです。
これが、そのモデルです。

とてもスタイリッシュでかつお洒落な家だと筆者は思います!!

柱の選定の為にあのイケメン大工の十一屋様がご来店いただいたのですが、なんと今回は奥様までお越しくださいました。

弊社松田と共に熱心に選定されていました。

十一屋様はやっぱりイケメンでした。奥様もかなりの美人なんですよ。

御自宅の様子は随時紹介したいと思います。

丸松木材㈱では、今回の十一屋工務店様のように御自分で材料を見て頂き納得いくまで選んで頂く事ができます。勿論、御施主様と工務店様が共に見に来られることも有ります。

お問い合わせは

□■━━━━“ひこねのまちから ずっともっと”━━━━━

丸松木材株式会社 TEL(0749)22-5535

━━━━━“今日もいい木材 入ってます!”━━━━━■□