【古民家改修ホテル CASA WATARI KUWANA】

三重県の桑名市に古民家を改修したホテルがオープンしました!

築130年、日本一の山林王として名を馳せた諸戸家の庭園から移築された建物で、駆体は堅牢で、表面になぐり加工された梁もあるなど、当時の職人の技も随所に見ることが出来ます。

今回、その建物を、フロント棟とタイプの異なる2つの宿泊棟からなる一棟貸しのホテルとしてリノベーションされました。

設計施工は滋賀県竜王町にある谷口工務店、同社が2年前に手掛けた大津の町屋ホテル「ホテル講」に宿泊されたオーナー様が、そのテイストを気に入られ依頼をされました。

設計を担当されたのは、谷口工務店若手設計スタッフのU氏、オーナー様のこだわりや想いを丁寧に汲み取り、経験に裏打ちされた自らの発想の中で組み立てて行く、両者の対話の結晶として生み出された唯一無二の空間に仕上がっています。

そのこだわりは、照明や襖紙、タイルや外壁材など内外の至る所に見ることが出来ます。柔らかな光を照らす照明にはLouis poulsenも! 照明好きな方には一見の価値ありです。

もちろん弊社でも、色々な木材を提供させていただきました。昨年の秋口には、オーナー様が弊社にお越しになり、意匠のメインとなる部分の木材をお選びいただきました。

木材の選定と言っても何を基準に選んで良いのかは、正直難しい作業です。色み、木目、耐久性、価格など様々な要素があり、しかも仕上がった状態ではない荒木の材を見せられ、いきなりどれにしますか?と言われても直ぐに答えの出るものでもありません。

なので、私の方からも選択の参考になるべく様々なアドバイスもさせて頂きました。事前に図面を見ておく事でサイズ的な要素は準備出来、また、設計者との事前の打ち合わせにより、おおよその樹種も予算額の範囲内で絞り込むことができます。

バーカウンターにはブラックチェリー、ウォールナットの化粧梁、床柱には赤樫、階段材にはケヤキや桜、栃など。また、階段手摺の目隠し材には、桑名の立地ということもあり、桑の木を使ってもらいました。

他にも、施工が進むにつれイメージが固まっていくこともあり、床の見切り材にはブビンガ、カウンター下の腰壁には様々な色合いの樹種を使いパッチワークのようなしつらえに。これは棟梁のアイデアによるものです。また、日に当たって変色した杉やヒノキ、通称グレー材も上手に使われていて、古材っぽい仕上がりで空間にベストに溶け込んでいます。

今回も広葉樹といわれる木材を多用してもらいました。広葉樹は堅木とも言われ、文字通り非常に硬い木もあり、また、反りや捻じれなども生じやすく癖のある木でもあります。なので、加工についても一筋縄ではいかないため、木を見る目や確かな技術も必要です。この点では、棟梁のAさんを筆頭に谷口工務店の誇る大工職人の技が大いに活かされています。

以前は銘木といわれ日本家屋に頻繁に使われ、高級材として重宝された材が、建築様式や価値観の変化により最近では住宅においてはめっきり使われなくなった、そんな材があります。中には暗い倉庫の片隅に積み上げられたまま埃をかぶり見向きもされなくなって何十年なんていうものも。

今回、そんな材たちも多く使わせてもらいました。倉庫の奥から目を覚まし、Louis poulsenの灯のあたる晴れやかな場所に!決して材木屋のノスタルジーに浸っているわけではなく、価値ある材の有効活用、新しい場面での新たな価値の創出という想いもあり提案させてもらっています。

長島スパーランドやなばなの里もすぐ近くで、夏には長島の花火も見える好立地で、近くには桑名名産の海の幸も楽しめるお店もたくさんあります。

桑名と言えばやはり蛤、蛤のダシの効いた蛤うどんは絶品!超おすすめです!

 

CASA WATARI KUWANA

https://casawatari.com/

三重県桑名市大字桑名663番地7

TEL:0594-73-2082

2020年7月オープン!

【看板板(欅、栃)~千成亭夢京橋店】

日本三大和牛にも数えられる近江牛の名店、千成亭様夢京橋店の看板板を納めさせていただきました。

お店の正面を飾る文字通りの看板板には、欅の一枚板をお使いいただきました。金文字の屋号の横には、千成亭さんのトレードマークである鮮やかな朱塗りの千成瓢箪が配されています。

かまぼこ彫りという彫刻がなされ、漆の下地に金箔を押しています。金文字が生えるようにと欅の板には塗装を施しています。雨に打たれても色褪せないように、銅板立平葺きの屋根が覆う本格仕様です。

店舗内の看板には栃の板をお選びいただきました。こちらは素材の風合いを生かしあえて塗装はしていません。栃の特徴である縮み杢も出ていて上品な仕上がりになっています。

創業店の老朽化に伴う新店舗への移転オープンということもあり、社長自らデザイナーさんと共に弊社までお越しいただき、選りすぐりの2枚をお選びいただきました。そのあとデザインや仕様など数度の打ち合わせを経て、こだわりの逸品として納めさせていただきました。

施工:出雲大社の遷宮工事にも関わられた宮大工、鈴竹工務店さん。

 

店舗2階には、心華房というレストランもオープンされています。和風モダンな店内では、選りすぐりの近江牛のステーキや懐石料理が、150本のワインと共にご賞味いただけます。

 

千成亭心華房 〒522-0064 滋賀県彦根市本町1-1-26(彦根GYUSEUM 2階) TEL.0749-47-3133

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【神輿の担ぎ棒 桧磨き丸太】

 

「地元で毎年行われている村祭りで永年使ってきた神輿の担ぎ棒が古くなってきたので、そろそろ交換したい」というご依頼から始まりました。

神輿の担ぎ棒ということで、真直ぐなのはもちろんのこと、元口と末口の直経の違いが少なく、節やくぼみも極力無いものを用意することに。

長さは12m、直径は末口14㎝元口20㎝、吉野桧の磨き丸太を2本、先日無事納めさせて頂きました!

乾燥や磨き加工の期間も見越して、約一年掛かりの納品になりました。

 

お祭りの花型であるお神輿、少子化高齢化によって、お祭り自体の存続も危ぶまれる地域も多くあり、また、担ぎ手の不足により、神輿を台車に載せて引っ張るだけという光景も多くなっています。

5月のお祭りの際には、勇壮な掛け声の中、新調され眩しく光る担ぎ棒が、皆さんの前にお披露目となりそうです。そして、これから何十年先もお祭りを支えてくれることでしょう!

 

 

 

 

 

 

『イイネタ当たる』ご当選者様①

 

新しい年になり早いもので二週間あまりが経とうとしています。

ご挨拶が遅くなりましたが、本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

 

さて、この年末年始のお休みの間に嬉しいお知らせがありました♪

 

昨年10月に弊社主催のイベント「イイネタマルシェ」を開催させて頂いたのですが、その中の目玉企画~無垢の床材or外壁材が抽選で当たる~という『イイネタ当たる』の企画にご応募下さり当選されたF様邸がこの度完成したという事で早速お写真を送って頂きました!

 

F様は長浜市にお住いの方で、大手住宅ハウスメーカーの積水ハウス様でご契約された後に『イイネタ当たる』の企画を耳にされたそうです。

ご主人様が木を使った家にこだわりをお持ちの方で、どうしても夫婦の寝室には無垢のフローリングを貼りたいということで自らメーカー様に掛け合い何とか許可を得られたそうです。(心の広いメーカー様で良かったです!)

 

こちらがF様邸に納品させて頂いた徳島県産杉の無垢のフローリングです。

 

 

 

笑顔の素敵なF様ご夫婦

(定年退職後夢だった農業に携わって農業を広める活動をされています)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完成後のご夫婦寝室

 

床板の表面には柿渋塗料をF様ご自身で塗装されました。

他の部屋や家具とも統一感が出てとても素敵な雰囲気になったそうですよ。

 

奥様も無垢のフローリングは他の場所と比べると足元の冷えが少なくて体感的にも見た目的にも温かみがあるのよ、と大変気に入っておられるご様子でした。

 

写真はないのですが、この他にもF様邸では弊社にて直接選んでご購入頂いた桧の板をダイニングテーブルとキッチンカウンターに使って頂いております。

こちらも気に入って下さったようで良かったです。

 

F様この度はありがとうございました。                                  

そして夢だった木のお家おめでとうございます!!   

 

【槐(エンジュ)の床柱、床框】

木偏に鬼と書いて「槐(エンジュ)」

お施主さんが木にはこだわりのある方で、10畳ある和室の床の間に何かちょっと変わったものはないかということで提案させて頂き、床柱と床框に使ってもらいました。

槐の材は、芯材は茶褐色をしているのですが、樹皮は白色で、その樹皮を残すように製材することで独特のコントラストを持った仕上がりになるのが特徴です。その特徴を活かした木彫のフクロウの置物などが有名です。

 

中国では、昔の役人の官位を表すのに槐という漢字が使われていることから出世の木とされているそうです。また、日本でも“延寿”という字を当てて縁起の良い木として重宝されています。

そんなうんちくも添えて納材をさせていただき、お施主さんも、座敷に招き入れたお客さんに話すイイネタが出来たと喜んで頂いているようでした!

【天竜杉の家 オープンハウス】

 

甲賀市で自宅兼事務所を新築された工務店さんのオープンハウスのイベントにサポートスタッフとして参加してきました。

ガチャコン工房の秘密兵器「こたり」は今回も大活躍!炭火で焼く焼き鳥は皆さんに大人気で用意していた150本は完売でした。2日目には、なんと、焼き肉の差入れもあり、霜降りの肩ロース美味しくいただきました!

 

キッズコーナーでは、木の積み木で遊んでもらいました。こちらも相変わらずの大人気。思い思いの自由な発想で積み木に没頭している子どもたちで終日賑わってました。

 

射的コーナー。木で作ったゴム鉄砲でお菓子を狙います!

 

木材展示コーナーでしっかりと木材のPRもしています。全国各地の木材産地から厳選した材料を使った家造りをしていることを、来場者された方に説明もさせていただきました。

 

他にも、地元甲賀地域で活躍されている生産者やアーティストの方なども出店されていて、地元を大事に仕事をされている工務店さんならではの、アットホームで穏やかな雰囲気のイベントとなっていました。

 

今回、オープンハウス開催にあたり、チラシやイベント企画など、私達も僅かばかりですがサポートをさせていただきました。

また、設計前の段階から色々とお話する機会もいただき、構造躯体に使用した杉材については、棟梁たっての希望で産地である浜松の天竜まで材料選びに同行もさせていただきました。

来場者の方も2日で120組以上と予想をはるかに上回る驚きの結果に!新築祝いのご祝儀相場ということを差し引いても、若き大工棟梁の新たな船出にはこれ以上ないスタートになったと思います。

父親でもある先代社長が起こして40年、着実に地元での信頼を積み重ねて来たからこそではありますが、その想いを受け継ぐ若い感性が、甲賀の地で新しい風を吹かしてくれる、そんな予感を感じた2日間でした。

【地松(国産赤松)フローリング納材事例】~京都 えんま堂さま~

以前にも紹介をしました地松(国産赤松)のフローリングですが、
http://marumatsu-mokuzai.co.jp/?p=1407
やはり珍しいのかよくお問い合わせを頂きます。

今回のえんま堂さまも弊社ブログをご覧になりお問い合わせいただいたいた後納材させていただいたお客様のお一人です。先日現場が完成したとのご連絡をいただき、ご挨拶も兼ねて見に行ってきました。

元々は縫製工場として使われていた建物を、オフィスとしてリノベーションされています。今回のフローリングは、玄関ホールと各部屋を繋ぐアプローチの床材として使って頂きました。

北山杉の磨き丸太や玉砂利などがアクセントとして使われていて、京都の路地をイメージ出来るようなデザインになっており、また、フローリングにはオスモオイルの塗装がされ古色ぽい仕上がりになっていて、落ち着いた雰囲気の空間を演出しています。

国産のフローリングをいくつか検討される中で、他にない物ということと、靴のまま気軽にあがれるように表面に強度のある素材が必要だということで今回採用していただきました。

社長様いわく、単なる事務所としてではなく、色んな人達が集うコミュニティースペースとして利用できればということ、そんな空間にご利用いただき嬉しい限りです。

有限会社えんま堂の石松社長さま、現場監督の前川さま、ありがとうございました!

 

【麺屋半蔵彦根京町店】~鈴竹工務店様~

最近では彦根といえばラーメン激戦区としてラーメン好きには知られていますが

ラーメングランプリにも出店されている麺屋半蔵様の2号店が彦根市京町に

オープンしました。施工は 愛知川店も手掛けられた鈴竹工務店様。

入店してすぐ気が付くのが料亭のような玄関の仕上がり。

 

店内は木材を使用された落ち着いた雰囲気が感じられます。

また店舗には弊社丸松木材の納材証を貼らせていただきました。

こちらが半蔵様の代表メニュー「たたき背脂らぁめん」。サイドメニューも充実してます。

お近くにおいでの際は是非お寄りください。丸松納材証もチェックしていただけると嬉しいです!

 

【飛騨の匠!】~株式会社 橘様~

 

今回、ご紹介するのは岐阜県飛騨高山市の株式会社 橘様の上棟現場で、東近江市にある会社様倉庫の新築現場です。

画像の梁は長さ8m 幅150mm×厚み450mmの集成材です。断面の大きい集成材を使うことで梁のスパンを飛ばしているのですが、梁の両端部の仕口が従来の在来プレカット仕口では強度に不安が残るということもあり、梁に二本のスリットを入れピンで接合した金物工法となっています。

飛騨高山を拠点に仕事をされている建築会社の橘さんが、滋賀県で工事をされるにあたり、材木屋を探しているというお話からの仕事でした。そのお話をいただいたのが上の写真に写っている宮大工の川口さんです。
橘さんと川口さんは、名古屋城の本丸御殿修復工事の現場で知り合われたとのこと。飛騨の匠と滋賀の匠との出会いですね。道具ひとつで全国を飛び回っている職人さん同士のつながりやネットワークに感謝です!

 

 

【滋賀県産桧の家】~セイキョーホーム様~

今回、ご紹介するのは彦根市松原町にある(株)セイキョーホーム様の上棟現場です。

場所は彦根市稲枝町の新築 A様邸です。

(株)セイキョーホーム様は自然素材を使用され健康住宅にこだわる家づくりを

されています。

弊社から納品させて頂いたプレカット材や下地材です。

管柱には、滋賀県産の檜の柱を使用しています。

(株)セイキョーホーム現場監督の辻川様です。

蒸し暑い中、非常にテキパキと仕事をされていました。本当にご苦労様でした。