【着工式での出来事】

当社の得意先、A工務店さんでは、工事が始まる前くらいの時期に、
着工式というものが毎回行われています。

お施主さんと、工事に関わるスタッフ(担当の設計、監督、大工、協力業者)とが出席し、
スタッフ側からは、自己紹介と仕事へのこだわりなどを一人ずつ話し、
施主さんの方からも一言スピーチをしてもらいます。
約1時間程度、お弁当を食べながら、和気藹々とした雰囲気で進んでいきます。

工事前に、互いに顔を合わせることで、
施主さんにとっては、どんな人が自宅の工事を行うのかもわかり、安心感をもってもらえ、
また、工事に関わるスタッフとしても、より想いを込めた仕事にも繋がり、
形式は、色々と変わっていますが、A工務店では10年近く欠かさず行われている恒例の行事です。

その中でも、お施主さんのスピーチでは、
家づくりを思い立ったきっかけや、何故、A工務店で建てようと決めたのか?
また、着工を迎えるまでの苦労話など色んなエピソードを語って頂けます。
家づくりと言えば、一生に一度の大きなイベントでもあるので、
それぞれのご家族に、それぞれのドラマもあり、涙を流しながらスピーチされる方も珍しくありません。

今日も、1月に上棟を迎えられるご家族の着工式があり、参加をしてきました。
現在は愛知県にお住まいで、両親は安城市、施主さんである息子夫婦は名古屋市内にそれぞれ住んでおられ、
今回、滋賀県の米原市(米原駅のすぐ近く)に同居されることになりました。

奥さんのお仕事が雑誌のライターで、京都で事務所を構えておられ、現在は名古屋から毎日新幹線で通勤しているということで、
旦那さんの仕事場の岐阜県とのちょうど中間地点である米原に決められたということでした。

旦那さんは、国の研究機関にお勤めで、現在、名古屋市内の一等地の公務員宿舎に住んでおられ、
昨今の諸事情もあり、近く転出しなければならなくなったのが、家づくりを考えたそもそものきっかけらしいのですが、
ご両親との同居もこれを機に決断されたとのこと。

最後に、奥さんから、サプライズで旦那さんへ手紙を披露する演出があったのですが、
奥さんにとっては、自分の仕事の都合もあり、自分のわがままに理解を示してくれた、旦那さんに感謝の気持ちを伝え、
また、生まれ育った土地を離れ、全く初めての場所に移り住むことになったご両親へも感謝の言葉を述べようとしたその時、
感極まったのか、涙を流され、そのあとは言葉になりませんでした。

そして、このご家族が滋賀の地に引っ越すという、大きな決断をされることになった理由のひとつが、
A工務店の家づくりに対する考えに共感したことや、実際の施工物件をいくつか目にして確信を得たからとのことでした。

一つの家づくりの裏にあるドラマを垣間見て、こちらももらい泣きしそうなくらい感動したのと、
これは一例にすぎませんが、お客さんからこのような感動を一つでも引き出そうと、どの現場も本気で、一生懸命取り組んでいる
A工務店の若いスタッフたちの存在。A工務店に仕事が集まる理由も垣間見れた一日でした。

【4現場上棟】

昨日21日は大安ということもあり、

当社の納材先4現場で上棟がありました。

2現場重なることは、よくあるのですが、
4現場同日というのは、初めてのことでした。

天気も快晴で、どの現場も大きな問題もなく、
無事に棟が上がったようで何よりでした。
そのうちの一つ、15mの地松を使ったお寺の庫裏の現場へ行ってきました。
あの長い地棟が、レッカーで釣り上げられ、しっかりと納まるその瞬間を
カメラに収めようと、意気込んでいったのですが、時すでに遅し、
到着した時には、屋根に垂木を並べる段階まで工事は進んでいました。

前日に棟梁から聞いていた状況では、昼前くらいだろうと聞いていたので、
ちょっと早めの10時30分ころに行ったのですが、
思いのほか順調に行ったらしく、地棟が納まったのは9時過ぎだったとのこと。

これは決定的瞬間を逃したと落胆していたところ、
首から一眼レフのデジタルカメラをぶら下げたおじさんを発見!
住職のご親戚らしく、朝からずっと現場にいて、写真を撮られていたとのこと。
撮影された画像には、その瞬間もしっかりと納められていました。
メールで画像を送って頂き、大事なネタはなんとか確保できました。


現場を見学している80くらいのおじいさん曰く、
「今はレッカーというものがあるから楽で早くていいね。」と
よく考えれば、昔の人は、あの長い丸太も半人力で屋根まで上げていたということ。
上棟ともなると近所の人たちも駆けつけ、何十人も集まってわいわいと言いながら、
上棟式や餅まきなど、それは賑やかなことだったのでしょう。

今回120坪の建て方でしたが、大工さんも10名足らずの人数で、粛々組まれていきます。
一昔前の上棟の風景とは全く様変わりしているのかもしれません。
時代の流れと言えばそれまでなのですが、
昔のことを懐かしそうに話しているおじいさんの姿が印象的でした。

【J工務店様完成見学会】

納材させていただいた工務店様の完成見学会、丸松木材もお手伝いさせていただきました。
イベントのひとつとして、オリジナルの木製プランターづくりをご提供。

完成品は、こちら。
特に女性に大人気で、10個ほど用意したプランターは、
午前中でほとんど売り切れてしまいました。

丸松の事務所横にも、置いてみました。
いかがですか?

こんな形で、「木」と木の知識を生かした工務店様サポートに取り組んでいます!
お気軽に、お問い合わせください。

【箕作工務店様、15mの松丸太の家、まもなく上棟です。】


大工小屋で加工された木材を一度当社の倉庫に移動し、順次現場へと搬入していきます。
次の日曜日から組み方が始まり、11/21の大安に上棟式を迎えます。

最近では珍しい15Mを超える地棟が使われた120坪のお屋敷。
お寺の庫裏とはいえ、ここまで大きな建て方はそうはありません。

今回は、プレカットと大工さんの手刻みを併用したため、
プレカット加工前の、先方との打ち合わせにも、かなり入念に行いました。

請負されている工務店さんは、親子2代で堅実で丁寧な仕事をされており、
特に、仕事の段取りの良さについては、当社のお客さんの中でもNo1です。

プレカットの加工を請け負っている立場上、
上棟を楽しみにするような気持ちの余裕はありませんが、
なんとか無事に棟が上がるのを祈るばかりです。