【地松(国産赤松)フローリング】

地松のフローリングが入荷しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地松のフローリング、杉や桧とはまた違う、ダイナミックな杢目が特徴です。表面の硬度にも優れ、また、使うほどに美しい飴色に変化し、独特の深みのある風合を楽しめます。

厚みは15ミリ、巾は110ミリ、長さは1930ミリ、無塗装品という製品仕様です。現場でも取り扱いのし易い1間の長さにしています。もちろん小口面にも実加工(エンドマッチ加工)を施しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

限定30ケース(1坪入り)の入荷です。

国産材の床材なので、もちろん木材利用ポイントにも対応した商品です。

リフォーム工事では1ケース(≒1坪)あたり10,000ポイントが貰えます。スギ・ヒノキとは違う国産材のフローリングを使ってみたい方は、今がチャンスですよ。

【浜松天竜見学ツアー その1】

弊社では、『材木屋の賢い使い方』と題して、工務店様向けのセミナーを開催しています。

過去2回の開催では、工務店様を弊社にお招きして、ショールームでのミニ講座や、倉庫内の見学などを行いました。(第一回、第二回の様子は下記よりご覧いただけます。)

http://marumatsu-mokuzai.co.jp/?p=605

http://marumatsu-mokuzai.co.jp/?p=1012

 

そして、第3回となる今回は、いつもとは趣向を変えまして、出張版として、浜松天竜の林業地域への見学ツアーを開催しました。

 

朝の6時に集合して、貸し切りバスにて出発です。

 

まずは、天竜の製材メーカさんの見学です。

 

天竜地域は、日本でも有数の歴史ある林業地域であり、土場には良質な丸太が多く積まれていました。また、この製材メーカーさんでは、使用用途に合わせて的確に丸太の選別をされており、工場内も無駄のない工程で管理されているなど、丁寧な仕事ぶりが印象的でした。

 

天竜杉の梁材です。強度表示もされています。また、天然乾燥にもこだわっていて、赤身の美しい天然乾燥の平角材も多くストックされています。

 

その後、山の方へ移動し、実際の林業現場での作業を見学しました。チェーンソーでの伐倒作業はやはり迫力があります。初めて見る方も多くその迫力に皆さん驚かれている様子でした。普段木には慣れ親しんでいる大工さんにとっても、山での仕事を知る良い機会になったようです。

 

昼からは、浜松の町へ移動して、優良工務店さんの現場見学を行ったのですが、その様子はパート2で!