【職場体験】~箕作工務店~

以前に【長~い地棟の家】でも紹介させていただいた箕作工務店さん。

 http://marumatsu-mokuzai.co.jp/?p=980

毎年地元の中学生の職場体験を受け入れています。いつもは仕事場で大工さんの仕事についてや、木工工作などの体験をされていたのですが、今年は作業場を飛び出し、家ができるまでの過程を、木材の流通から見せてあげたいということで、一日案内をさせていただきました。

大工さんの仕事に興味があり、この職場体験を選んだという中学2年生の男の子と女の子の2名を、まずは木之本の山仕事の現場までお連れしました。

二人とも、初めて見る山仕事でもあり興味津津です。

チェーンソーでの伐倒作業。作業班の方々の丁寧な説明もあり、真剣な眼差して見学してます。

そして、本日のメインイベント!滋賀県に一台しかないプロセッサーという高性能林業機械による造材作業。女の子からアンコールのリクエストもあり、最先端の林業現場の様子も堪能していただけました。

実際に運転席に座り、操作方法の説明を受けています。

フォワーダーという機械での搬出風景です。

天気もよく、作業班の皆さんと現場でお弁当タイム!

山仕事は危険な仕事であること、山の手入れをすることで環境が守られることなど、ここでもリアルな現場を前に、是非知っておいてもらいたいことを皆さんそれぞれから話してもらいました。

その後、彦根まで移動して、製材所の仕事を見てもらいました。

山で伐られた丸太が柱や梁、板材になる様子をわかってもらえたと思います。

最後に、弊社丸松木材へご案内し、木材の製品の色々、木材流通店の仕事について簡単に説明をさせていただきました。

 

学校での行事ごとということもあり、危険も伴う現場に行くことについてはやはり心配もあったようです。箕作工務店の社長さんも安全面での配慮など、学校の先生と十分に話し合った上での実施となりました。

聞くところによると、中学校の職場体験、スーパーやコンビニエンスストア、工場、幼稚園の先生など色々とあるとのこと。多分このお二人その中でも一番の体験をしてくれたんじゃないかと思います。